皮膚のトラブルサイト > 皮膚トラブル辞典

皮膚トラブル辞典

「シミ」や「そばかす」、「肝斑」などの皮膚トラブルを抱えていると、何だか気持ちまでネガティブになってしまいませんか?なぜ皮膚トラブルが起きるのか、詳しい原因を分かっていない人が意外といます。「シミ」や「そばかす」、「肝斑」などの悩みは、原因を突き止めることによって、解決策を見つけることが出来ます。

シミ(しみ)とは

詳しくはこちら

皮膚トラブルと聞くと、「シミ」をイメージする人も多いはずです。シミは、紫外線を多く浴びることによって出来ることがほとんどです。10代、20代でシミに悩まされる人は少ないですが、30代にもなると徐々にシミが気になり始めてきます。その理由は、年齢が上がるごとに、シミが出来やすい体質になるからです。他にも、「ストレス」や「睡眠不足」、「ホルモンバランスの乱れ」などによりシミが出来やすくなります。シミがあることで、実年齢よりも老けて見られてしまうというケースも多いです。この悩みは、美容外科で「レーザー照射」などのしみ取り治療を受けることで改善が期待出来ます。

そばかすとは

詳しくはこちら

「そばかす」はシミのひとつで、「先天性」と「後天性」の2つがあります。先天性の場合、遺伝性が高いといわれていて、思春期に現れ、やがて自然に消えていく人が多いです。後天性の場合は、「紫外線」や「不規則な生活」、「スキンケアが間違っている」などが原因で出てきます。そばかすは、通常のシミと比べるとそれほど大きくはなく、頬や鼻に点々と散らばっているのが特徴です。そばかすは、出来やすい人と出来にくい人がいて、両親にそばかすがあると、自分にも出来る可能性が高いです。『そばかすが気になる』という人は、しみ取りと同じように、美容外科で「レーザー照射」を行うのが効果的です。

肝斑(かんぱん)とは

詳しくはこちら

「肝斑」は、頬や目の周りに出来るもので、右と左でほぼ同じ位置に現れることが多いです。肝斑は、通常のシミと見分けがつきにくいといわれています。そのため、『通常のシミと思っていたけど、実は肝斑だった』ということが多々あります。通常のシミに比べ、肝斑は広がって出来るというのが特徴です。原因は、「ホルモンバランスの乱れ」や「紫外線」などです。特に、女性ホルモンは肝斑に大きく影響し、妊娠や出産で肝斑が出てきたという人は多いです。意外と目立つ肝斑ですが、美容外科で治療を受けることで即座に消すことが出来ます。しみ取り治療と同様に、「レーザー照射」が最適な方法です。

その他の皮膚トラブル

詳しくはこちら

「シミ」や「そばかす」、「肝斑」以外にも、「にきび」や「ほくろ」、「あざ」などたくさんの皮膚トラブルがあります。これらの皮膚トラブルは、「ビタミン不足」や「肌の乾燥」、「紫外線」などが原因で起こることがほとんどです。中には、遺伝により皮膚トラブルが起こることもありますが、大抵は日頃の生活習慣が影響しています。特に「紫外線」や「生活習慣の乱れ」は、ほとんどの皮膚トラブルでいえることです。皮膚トラブルのせいで肌に自信を持てないという人は、早めに治療を受けることで、悩みを解決出来ます。シミにはしみ取り治療、というように、悩みに合った治療を受けましょう。

今日からできる美肌対策

詳しくはこちら

美容外科に行くことで、「しみ取り」や「そばかす治療」、「肝斑治療」、「にきび治療」などが受けられますが、自分でほんの少し意識するだけで美肌対策は可能なのです。まずやって欲しいのは「日焼け対策」です。特に夏場は紫外線が強いので、日焼け対策を怠けてしまうとすぐに皮膚トラブルが起こります。日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしたりして紫外線から肌を守ることで、皮膚トラブルの悪化を防ぎます。また、皮膚トラブルを改善するためには、生活習慣を規則正しくすることも非常に大切です。「早寝・早起き」、「1日3食バランスの良い食事」などを心掛けることで、美肌に近付けます。

ページの先頭へ