皮膚のトラブルサイト > 皮膚トラブル辞典 > シミ(しみ)とは

皮膚トラブル辞典 シミ(しみ)とは

シミ(しみ)とは

皮膚トラブルと聞くと、「シミ」をイメージする人も多いはずです。シミは、紫外線を多く浴びることによって出来ることがほとんどです。10代、20代でシミに悩まされる人は少ないですが、30代にもなると徐々にシミが気になり始めてきます。その理由は、年齢が上がるごとに、シミが出来やすい体質になるからです。他にも、「ストレス」や「睡眠不足」、「ホルモンバランスの乱れ」などによりシミが出来やすくなります。シミがあることで、実年齢よりも老けて見られてしまうというケースも多いです。この悩みは、美容外科で「レーザー照射」などのしみ取り治療を受けることで改善が期待出来ます。

シミ(しみ)ができるメカニズム

シミが出来る原因は、紫外線を浴びる、ビタミンやミネラルの摂取が不足する、睡眠不足、加齢などです。紫外線は、メラノサイトを刺激してメラニン色素の生成を促します。メラニン色素で皮膚が黒っぽくなってしまうことで、シミが完成してしまうのです。また、肌への栄養分の不足、加齢、睡眠不足などにより活性酸素が多くなり、結果的に色素沈着を引き起こしてしまいます。最初は小さいシミでも、症状が進行することで、シミの範囲が広がってしまう恐れもあるのです。シミの発生源であるメラノサイトは、肌の奥深くにあるため、洗顔料やブラシで落とそうと思ってもなかなか消すことが出来ません。

シミ(しみ)予防法

シミを予防するためには、紫外線対策や、シミ予防に効果的な栄養分の摂取が必要です。紫外線は、日焼け止めを塗ったり、日傘といった紫外線をカットしてくれるアイテムを使用したりすることで、受ける量を最小限に抑えることが出来ます。シミの元になるメラニン色素の生成を抑えるためには、L-システインやビタミンCの摂取が効果的です。L-システインを含んだサプリメントや、ビタミンCが豊富なフルーツをこまめに摂取することで、シミ予防の効果が期待出来ます。また、肌の水分が不足することも原因のひとつとして挙げられるため、化粧水や乳液を使って保湿を徹底することも、オススメの予防法です。

シミ(しみ)に最適な治療法

シミが出来た場合は、肌の代謝を高めることが必要です。美容外科や皮膚科で治療を受けることで、短期間でしみ取りが出来ます。医院では「フォトフェイシャル」や「ケミカルピーリング」などの治療を提供しています。フォトフェイシャルのようにレーザーを利用した治療では、肌の細胞に直接働きかけるので、しみ取りに限らず、肌の若返りにも効果的です。ケミカルピーリングのようにレーザーを使わない治療では、古い角質を落として肌の代謝を促します。しみ取りに限らず、ニキビ跡の除去にも効果的です。肌質によって最適な治療方法は異なるので、それぞれの治療の特徴を踏まえながら決めると良いでしょう。

ページの先頭へ